最近目の悪い方でメガネをかける人が減ってきたのではないのでしょうか。

スポーツをするときに邪魔になってしまったり、マスクをしたりするとメガネがくもったり、メガネを付けると疲れたり頭が痛くなったりする方もいてメガネが嫌いな方もいるのではないでしょうか。

昔はあまりなかったコンタクトレンズというのがとても使われるようになり、コンタクトレンズをつけている方がとても多いのではないかと思います。

そんなコンタクトレンズの処方箋とはどのような物なのかご存知ですか?

病院などで診察してもらい薬をもらう時に処方箋をもらいますよね。

それと同じように病院で診察してもらい販売店でコンタクトレンズを購入するようになっています。

今ではネットなどの通販でも購入する事ができるようになっていますので処方箋がないからと購入できないという事はありません。

しかしいくらいらなくても購入出来る場合があっても、いつでもなしで購入出来るというわけでなく、処方箋の提出を必要とされる場合もありますので気をつけてください。

処方箋というのはどのような時に使われているのかご存知ですか?

普段使われているのは病院などで医者に指示された医薬品を買う時です。

医者から薬剤師にどのような薬を出すかという指示する文書のことです。

その為コンタクトレンズの場合は眼科で診察してもらい眼科の医者が販売店の方にどのようなものを出すか指示した文書がコンタクトレンズの処方箋になるのです。

コンタクトレンズを購入する際にその文面の提出が必要とされる時もありますが、実際のところは法的義務ではありません。

いくら法的義務ではなくても提出をしないと購入する事が出来ないので注意した方が良いです。

購入する際はやはり眼の事を考えしっかり眼科で診察を受け、眼科の医者に処方されたコンタクトレンズを購入し使うのが良いと思います。

安全に使用出来るようまとめたサイトがこちらになります。

コンタクトレンズを処方箋なしで購入

やはり眼科で診察を受けしっかり処方箋の提出し購入する事が一番安心して購入する事が出来るのではないでしょうか。